株式会社ココロマチ > インフォメーション > スタッフブログ > 京急線の終点「三崎口」駅に行ってきました!

information

京急線の終点「三崎口」駅に行ってきました!

こんにちは!1年目の及川です。

突然ですが、私が毎朝通勤時に聞いているホームアナウンスがこちら。

――まもなく1番線にはー、当駅始発各駅停車三崎口行きが8両編成で到着いたします――

…はい。

私は今葛飾区の青砥に住んでいて、毎朝青砥駅始発の列車に揺られて通勤しています。

私がいつも乗っているこの列車は、青砥駅出発時点では京成押上線なのですが、
押上駅で都営浅草線に乗り入れ、泉岳寺駅で京急本線に、堀之内駅で京急久里浜線に、そして終点「三崎口」駅へ…と、実は乗り換えなしで神奈川の三浦半島まで行ってしまうんですね。

いつもは会社に行くために新橋駅で降りてしまうんですが、
そこで降りずに乗り続けてみたら…?一体「三崎口」はどんなところなのか…?
ちょっと行ってみました〜!

三崎口行きの列車

青砥駅から乗り換えなしで電車に揺られて2時間弱。
駅のホームで名前しか聞いたことのない「三崎口」駅に到着です!

三崎口駅ホーム

横須賀を過ぎたあたりから建物の高さが低くなり、三崎口駅付近は住宅街という感じでした。
ホームには潮の香りが…。海の近さがうかがえます。

改札を出てすぐにある観光協会へ。
お話を聞くと、三浦半島を訪れる方々はバスかサイクリングで回るパターンが多いようです。

この日は晴天だったので、私は電動アシスト付きレンタサイクルで巡ることに!

レンタサイクル

現地パンフレットを手に、三浦半島の先端にある城ケ島に向かって30分ほど自転車を漕ぎます!
ロードバイクで本格的なサイクリングをしてる人たちがたくさんいました。

駅を少し離れるとわかるのですが、
高低差がけっこうある土地のようで自転車も一苦労…。
電動アシストに何度も助けられました(笑)。

港に近づくにつれ、新しい建物がなくなり、
レトロな(渋い?)味わいの建物が増えていきます。
三浦市はマグロが特産ということもあり、マグロの文字を掲げたお店がたくさん!

三崎港に到着!城ケ島へは、「城ケ島大橋」を渡ります。

城ケ島大橋

城ケ島大橋


橋の上からの景色は爽快…!
遠くには千葉県の房総半島が見えました!

橋の上からの景色。向こうに房総半島が見える。

橋の上からの景色。向こうに見えるのは房総半島です。


城ケ島ではマグロと生シラスがのった丼ぶりを美味しくいただきました~。


生シラスマグロ丼

海岸で水と戯れ、再び橋を渡って三崎港へ。
港を経由して、自転車を借りた三崎口駅へ戻ります。

途中道に迷ったりもしましたが(笑)、
無事駅に到着し、自転車を返却。のどがカラカラだったので水分補給…。

ばっちり日焼けをして帰ってきました~……。

私がいつも乗ってる電車の終点「三崎口」にあったのは、
きれいな海と渋い雰囲気の港町!
都会とは違ったゆっくりとした時間の流れの中、リフレッシュすることができました~。

灯台

みなさんもぜひ、終点の旅、やってみてください!

このページの先頭へ