information

瀬戸内海の島々をご紹介!

はじめまして!3月に入社した熊井です。出身は熊本でくまモンも好きです。

今回は暖かくなってきたこれからの季節にオススメ、 瀬戸内海の島々をご紹介します!私の大好きな場所です!

瀬戸内の島々

私が瀬戸内海に興味を持ったのは「瀬戸内国際芸術祭」がきっかけでした。 芸術について詳しいことはわからないのですが、いくつもの島を船で移動しながら鑑賞するというスタイルに惹かれ… 1度行ったら芸術祭ももちろんですが、島々のゆったりとした雰囲気が大好きになってしまいその後も定期的に訪れています。

 

アートが至る所にある「直島」

それでは早速3つの島をご紹介します! まずはこの芸術祭で1番有名になったといってもいい島、「直島」です。

直島には「ベネッセアートサイト直島」があり、立派な宿泊施設もあります。 ちなみに、私はゲストハウスに泊りました。一人旅行の方はゲストハウス利用が多いみたいです。 他にも、安藤忠雄さんが設計した「地中美術館」や、 草間彌生さんがデザインした黄色のかぼちゃが有名です。

かぼちゃ

他の島と比べると至る所にアートがあり、直島だけで1日中楽しく過ごせると思います。

 

地中海気分を楽しめる「小豆島」

次に名前は聞いたことがある人が多いはず。「小豆島」です。映画の舞台にもなっているので知名度は高いのではないでしょうか。

風車

ここではぜひ、オリーブ畑を見て下さい。オリーブ畑と白い風車がある風景を見ると、ヨーロッパに旅行にきた気分になれます。

オリーブ

高台にある施設には温泉があります。地元の方が多かったですが、もちろん旅行者も入れます。 ここの露天風呂から瀬戸内海が一望でき、最高でした。

 

私が最もオススメしたい「豊島」

最後に、私が1番好きな島「豊島(てしま)」です。ここは毎回瀬戸内周辺に行くたびに、絶対に寄るくらい雰囲気が好きです。

豊島風景

豊島でのオススメは「豊島美術館」です。 美術館の建物自体が作品で、作品の中に入り鑑賞します。 音が反響する半屋外の空間で風や水の音を静かに感じます。 ただただ、ぼーっとできる空間がなんとも言えない心地よさです。 心地よさから寝転がる人もいて、滞在時間が長くなってしまいます。私もその1人ですが。

豊島の魅力は美術館だけでなく、島自体にもあります。 豊島内の移動はレンタル自転車なのですが、その自転車で豊島美術館の前の坂をいっきに下るのが最高に気持ちいい!

坂1

坂2

目の前に海が見えて叫びたくなります。

そしてその坂を下ると浜辺につきます。 ここの防波堤に座ってぼーっとする時間が好きです。ぼーっとしすぎですね…。

浜辺の交差点

他にも「豊島」には地元の野菜や魚を使ったメニューが食べられる「島キッチン」やいちご農家さんが作るかき氷が名物「いちご屋」もあります。

島キッチン

いちご

 

まだまだ瀬戸内海には島がたくさんあるのですが、今回はここまで。

行ってみたいなと思った方!なんと今年も「瀬戸内国際芸術祭2016」が開催されています! この機会にぜひ行ってみてくださいね!

このページの先頭へ